資金繰りに苦労するフリーランス

フリーランスとして活動するのであれば独立する前にしっかりとした資金計画を立てなければなりません。

これまで会社で働いていた時と同じ金銭感覚ではすぐに破産してしまうでしょう。

実際にフリーランスとして活躍する実力がありながらも資金繰りがうまくできず廃業してしまう方もいらっしゃいます。これまで会社勤めだったときは毎月決まった日に給料が支給されていました。

業績の良い会社であればボーナスなども支給されていたでしょう。ですが、フリーランスとして独立するとそういった支給はありません。

頑張って働いた分は給料としてクライアントから受け取ることができますが、自営業のような形態ですのでボーナスはないものと思っていた方が良いでしょう。また、安定した職業ではないため銀行などの金融機関からお金を借りるのにも苦労します。

事業を拡大しようとして融資の相談に行ってもなかなか審査を通過しない、ということもあります。
また、私生活においても同様です。
自動車や家などの大きな買い物をする際、安定した収入がないことから高額のローンが組めないこともあります。このようにフリーランスとして活動するのであれば資金繰りもしっかりと計画しておかなければなりません。
クライアントからいただいた給料でどれだけの経費が必要なのか、ということはもちろん、年金や健康保険なども支払わなければなりません。

そこからどれだけ自分の手元に残るのかをしっかりと把握しておかなければフリーランスとして独立してもすぐに廃業に追い込まれてしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です