フリーランスで働くことの難しさ

最近はフリーランスで収入を得ている人も増えています。組織のしがらみにとらわれずわれず自分のペースで仕事をできるというのが非常に大きなメリットですが、

注意しなければいけない点も多々あります。

ひとつはすべてのことを自分でやらなければいけないことです。会社に勤めている場合には会社の中にいろいろな部署があり税金の申請や様々な手続きは担当部署がすべて行ってくれます。

そのため仕事に集中できるのですがフリーランスの場合にはこれらの手続きを全て自分で行わなければならず、大きな負担となります。

さらに、フリーランスの場合には社会的な位置づけも非常に弱いため、重要な仕事に関してはこれを受けられないといったデメリットもあります。

そのため実際には大きな会社の下請けなどで比較的安い賃金で仕事を行っているのが実態です。

ただしフリーランスにもいくつかのメリットがあります。自分で計画的に仕事を進められることでしがらみにとらわれず自分のやりたい仕事を自分のペースでできることです。会社などに勤めている場合には与えられた仕事をこなすことが重要ですが、自分で判断をして仕事ができるため精神的な負担が少なくなります。

経済的にはデメリットが大きいと考えられがちですが自分のペースで自由に仕事ができることや自分の才能を生かすことができることからフリーランスで仕事をする人が多いのです。仕事以外にも大きな負担はありますが自由度が高いのも大きな魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です